屋根葺き替え工事とは?

葺くとは「屋根を覆う」という意味です。
葺き替え工事とは、名前の通り今使われている屋根材をはがし、新しい屋根材に替える工法です。
屋根を覆う事を意味するので、名前通りの工法となっています。
屋根材の下地である、野地板や防水シートも一緒に取り換えるのが一般的です。

屋根の塗装だけでは十分な改修ができない時、葺き替え工事を行う必要があります。
瓦屋根の場合ですと塗装は行えません。瓦屋根のリフォーム、改修をする場合、葺き替え工事を行うことになります。


屋根に使われている材質例

  • 和瓦

    和瓦:30~50年

  • 洋瓦

    洋瓦:30~50年

  • 金属屋根

    金属屋根:20~30年

  • 金属屋根

    カラーベスト:10~20年

  • スレート

    スレート:10~15年

 


経年劣化による葺き替え工事の時期が、材質によってある程度決まっています。

この期間に葺き替え工事を行う事が、だいたいの目安と言われています。
上記の屋根材以外でも対応致しますので、是非ご相談ください。


葺き替え工事は、経年劣化によって改修が必要になった屋根に対して行う場合が多いですが、近年では耐震対策として、瓦屋根から軽い屋根材への葺き替え工事を行うケースも増えています。
※材質や建物の状態により異なります。
耐震対策も承っていますので、お気軽にご相談ください。


業務内容

屋根葺き替え工事


葺き替え工事1 葺き替え工事2

・旧瓦から新瓦への葺き替え工事
・旧瓦から金属屋根への葺き替え工事
・カラーベスト(石綿含有スレート等)から金属屋根への葺き替え工事



屋根修理工事


屋根修理工事1 屋根修理工事2

・雨漏り修理
・破損瓦の差し替え修理
・棟瓦の積直し、積替え修理



屋根工事に付随する工事


屋根工事に付随する工事

・大工工事(野地板張り、垂木取替等)
・左官工事(面戸、漆喰塗り工事等)
・板金工事(雨樋工事等)
・外装塗装、焼き板張替工事 


キシモト建材へお問い合わせ